エムスリー結果 発表

エムスリー

エムスリー結果

■ 先週 5日 金曜の終値 8,456円
■ 今日 8日 月曜の終
値 8,616円
 (+160円 +1.89%)

結論から言うと、少し上昇。
まだ「だまし」の可能性あり注視👁が必要ですが、本日時点では見立ては当たってたたのかな...。


以下本日の記事。今後の為の備忘録までに。
投資判断は引き下げ、目標株価は引き上げ、これまた微妙な...。


 エムスリー<2413.T>が5日ぶりに反発。大和証券では5日付で、投資判断を「1」(買い)から「2」(アウトパフォーム)に引き下げ、目標株価は9300円から1万円に引き上げている。

 株価は22年3月期同証券予想連結一株利益に対してPER113倍の水準にあり、22年3月期以降、受注金額の成長率鈍化が見込まれる中、株価の上値余地は縮小すると考え、「2」に引き下げたとしている。

 21年3月期第1四半期(20年4-6月)受注金額は前年同期比2.5倍以上と好調に推移し、第3四半期(20年10-12月)まで同水準の伸長率を維持、しかし、22年3月期第1四半期(21年4-6月)は前年同期の受注金額が高いことから、伸長率が低下する可能性が高いと予想している。

 COVID-19を契機に製薬会社の販促活動オンライン化が着実に進展すると見込まれ、業績は当面好調に推移すると考えるものの、「更なる株価上昇には、海外やAIプラットフォーム事業など新規事業の収益への本格寄与が必須となろう」としている。

 同証券では21年3月期連結営業利益について、595億円(前期比73.3%増、従来508億円、会社側計画は非開示)と試算。製薬マーケティング支援事業を中心とするメディカルプラットフォーム部門で70億円上方修正されている。


ブログ内 関連記事



コメントを残す